←トップページへ

菊水の辛口

きりりとしまった味わいが堪能できる一本です。